玄関ドア 塩害対策 再生塗装

玄関ドア 塩害対策 再生塗装

6月に入っての一発目の記事は柏崎市笠島が現場です。

海岸にほど近いこちらの住宅は築17年。
立地的に塩害がひどく、すでに玄関ドアには錆が発生。

今回の工事にあたり、本来は木目シートなのですが
塗装では再現が難しいので近い色を吹き付けて仕上げる
ことになりました。


この白く見える部分が錆の発生箇所であり、
白いものの正体はなんと潮(塩)なのです。

その部分のシートをカッターで剥ぎ取り、ケレンして
防錆処理。そしてパテで平らに仕上げます。

きれいに仕上げるにはなかなか簡単ではないので、この
下地処理に1日半かけました。



そして完成した画像がこちらです。



玄関照明のカバーも塩害にやられていましたのでついでに補修。

ビフォー(こちらも塩がびっしりです)
アフター(これで新品交換は必要なしです)

今回はまだ錆の程度が軽いドアなので時間的に余裕があり
納得いくまで下地を整えることができました。
もちろん依頼主様からも大変喜んでいただきました。

塩害に泣かされている方はぜひご相談くださいませ。