クローゼット 木枠の補修

クローゼット 木枠の補修

posted in: 床・木建材の補修 | 0

新築引渡し前のキズ補修のご紹介です。

クローゼット上部の木枠が一部だけ色が違っていて違和感ありありです。




やはりコーキングで埋めてありました。
これでは色も形も違うので全部剥ぎ取ってからの補修です。
こんなコーキングが許されたのはもう10年前の話です。
このまま引き渡したらクレーム間違いなしでしょう。

そのコーキングを剥ぎ取ってみると・・・


さらにアップ。



訂正します・・・これはもうキズではなくて破損でした。

ここに補修材を埋めて吹き付け塗装で薄く広めに着色しながら
ステイン塗料で薄く木目を入れる作業を数回ほど。

補修後の画像



この現場は他にも色々と補修箇所があってここだけに時間をかけていられません。
が、最低でも生活目線で見て違和感がないのがプロとしての仕事です。

GW前は超繁忙期ですが、常に色、艶、形にこだわって日々頑張っております。
本日もこれにて一件落着です。