玄関ドア へこみを補修して再生塗装

玄関ドア へこみを補修して再生塗装

築10年ほどのまだ錆もない玄関ドアの再生塗装のご紹介です。

依頼主様が気になっているのは下部の「へこみ」です。



分かりずらいのでへこみ部分にパテを入れた画像。



一見するときれいに見えるドアですが、触ってみるとザラザラ。
すでにクリア層の劣化が始まっています。

部分補修も可能ですが、数年後には補修箇所とそうでない箇所が
ハッキリとしてくることを説明すると「塩害も心配なのでこの際
全面的に塗装してほしい」とのこと。

今回のように錆補修がなければ料金は安価です。

3月にしてはポカポカ陽気のこの日。風は微風なので吹きつけ
塗装にはもってこいの天気です。

ご予約いただいてからかなりのお時間が経過してしまいましたが、
その分最高の仕上がりでお応えしたいと思います。

完成画像がこちら。



今回はドアノブはオリジナルのままです。
仕上げのクリアは内側に合わせて3分艶程度に抑えました。

へこみ補修、再生塗装ともに文句なしの最高の出来。
依頼主様からもOKをいただいて本日も一件落着です。