ユニットバスの壁 錆補修

ユニットバスの壁 錆補修

このアパートは築25年ほどでしょうか。

この年代のユニットバスの壁は鉄板に塩ビシートが貼ってあるタイプが
主流なので、内側に少しでも錆が発生するとどんどん進行してしまいます。



ボコボコにふくれた部分をはいでみると・・・。




まぁ、今さら驚きもしませんがみごとに錆が回っております。

はがせる錆を全部はがした後、防錆処置を施し、塩ビボードを
貼り付け、その回りを防水コーキングでふさぎます。

特に腐れ落ちた下部にはタップリとコーキングを打ち込みます。




本当はフルユニットを交換すればよいのでしょうが、ご予算の
ない場合は簡易的ではありますがこれでまだまだ使えます!

現代はまさに「直して使う時代」なのです。

本日もこれにて一件落着です。